フェイスリフトは切らない方法に注目が集まってきているのです

顔のたるみやしわは加齢と共に気になる他に、日頃のスキンケアの仕方によって増減する事があります。
様々な原因で出来てしまったたるみやしわを改善すると言うのは一筋縄ではいかないものです。
有効な改善方法としては「フェイスリフト」がありますが、近年はどのような治療が主流なのでしょうか。

顔のリフトアップの種類と近年の傾向

顔のリフトアップの種類は、切る手術以外に、糸によるリフトアップや、注入系、高周波やレーザー治療等の種類があります。
近年の傾向としては、切らないリフトアップの方が多くなってきており、切る手術によって人体に与える影響を軽減する傾向が強まっているようです。

切らないリフトアップのメリット

切る手術によってリフトアップは効果的だと以前は考えられていましたが、最近では、切らないリフトアップの方が、ローリスク、ローリターンである事から、急激な表情の変化を防ぎ、穏やかにリフトアップする方法が求められるようになってきました。
ローリスクであると言う事は、ダウンタイムの少ない治療を行う事が出来ると言うメリットがあり、ダウンタイムが少なければ、仕事でメイクをしなければならない女性にとっても大変便利にリフトアップをする事が可能となります。
こうした点から切らないフェイスリフトの方が好まれるようになってきているようです。

糸を使ったリフトアップにもリスクがある

糸を使ったリフトアップはさほど切らないで済むと言うメリットがある反面で、効果が長続きしない、トラブルが起こった事がある、と言うリスクがあります。
その為、先にも少し触れたように、切らないリフトアップに注目が集まるようになってきたのでしょう。
糸を使ったリフトアップを試みる場合は、そのリスクをしっかりと理解する必要があります。
実年齢よりも上に見られる、最近、鏡を見るたびにたるみやしわが気になる、と言うような症状は、女性なら誰もが1度は経験する事です。
高価な化粧品をつかったり、エステに通っても、思うように効果が出ないような気がすると言う方は別な方法を探す方が良いかもしれません。

入院や通院が不要でアンチエイジング効果を実感出来る方法とは?

美容皮膚科、美容外科では、入院や通院が不要で、アンチエイジング効果を実感出来る方法があります。
それが「フェイスリフト」です。
主に顔のリフトアップを中心としたアンチエイジング法で、従来は手術を必要としていたのですが、近年では、入院や通院が不要で、包帯等を巻くような事も無く、施術を受ける事が出来るリフトアップが登場しています。
代表的なものに、トリプル・コンバインド・リフトと言う方法があります。
例えばほほのリフトアップをする場合、ほとんど髪の毛に隠れて目立たないような耳の前の辺りを切開する手術となる事が大半でしたが、トリプル・コンバインド・リフトの場合は耳の軟骨に合わせて切開するので、傷跡もほぼわからない程度で施術する事が出来るのです。
耳の本来のラインに紛れて傷跡がほとんど目立たない事が最大の特徴です。

リフトアップをするなら、様々な方法から1番安全な方法を選ぶ事が大切

trshtrs
リフトアップと言ってもたくさんの方法があります。
糸を使ったり、切開したり、それだけでも何種類もあるのです。
その中でどの部分をどれだけの範囲でリフトアップしたいのかによっては、手術の方法が変わってきますので、様々な方法の中から1番自分に合っている方法を選ぶ事が大切になるのです。
医師との相談も重要ですし、しっかりと失敗しないリフトアップで若返る事が出来るよう選びたいものです。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫